ダイビングライセンスを取得して広い海の世界へ!

「ダイビングライセンスを持っていると海の中の散策がより自由になります。海の魅力にひきこまれたなら強くおすすめしたい、そんなライセンスの取得方法や具体的なメリットについてご紹介いたします。」

・認定ダイバーになるにはライセンス取得が必要

ダイビングとは人気のマリンスポーツとなっており、器材を装備してのスキューバダイビングや所謂素潜りのスキンダイビングがあります。
海に潜る、ということで恐怖心やハードルの高さを感じてしまうかもしれませんが、体験ダイビングもある通りプロのインストラクターの引率のもと安全に海の世界を楽しむことができます。
さまざまなダイビングスポットがあり、その近辺にはダイビングの為のショップもあるもの、体験ダイビングの場合は器材も必要なくレンタルが可能、泳げない人にも気軽に参加していただけるようなプログラムを組んで皆さんにダイビングの良さをひろめています。

特に沖縄は日本とは思えないほどの美しい青い海がひろがる場所、そんな沖縄ではダイビングを楽しんでもらおうと催しやスクールを各ショップが行っています。
そのため体験ダイビングでも十分に楽しめるのですが、ある程度ダイビングに慣れてきた場合は少々物足りなくなってしまうものです。
というのも体験の場合は潜水時間は約30分程度、また5mの深さ程度でのダイビングとなっています。勿論初心者にとってはそれでも結構な深さを感じられますし、また太陽光が差し込んで神秘的な海の世界を感じられるのに最適となっています。
その部分だけをみても十分魅力的ではありますが、慣れてきて海の中の魅力に引き込まれていくと、もっと海の深いところまでいきたい、色んな海に潜りたいという願望が出てくるものです。

そんな時におすすめなのがダイビングライセンス取得となっており、これを取得するとよりダイビングで出来ることが増えます。
ランクにもよりますが、簡単なものなら2日間程度で取得できてしまうものもあり、超短期間での取得が可能、発行されたライセンスは日本国内は勿論海外でも有効なので世界の海に挑戦することができるようになります。
海という専用の器材や知識がないと危険が伴う場所なので、筆記試験と海洋実習両方こなす必要がありますが、その過程を経て広い海をより自由に散策できるようになるので、これに魅せられて取得する人は非常に多くなっています。

以前は値段が張ったライセンス取得ですが近年は随分コストも下がり、スクールでは無料で器材の貸し出しをしていたりと、負担なく取得しやすくなっているのが魅力です。
体験ダイバーと認定ダイバーでは見られる海の世界が大きく違います。
そのため更にスキルアップをはかって認定ダイバーになるのは勿論のこと、そのまま難易度をあげていくダイバーさんも増えています。
陸上では見られない光景は勿論、海にしかない生態系もあるものです。

それをより身近に感じられるようになるというのはとても魅力的なこととなっています。
満15歳以上から受けられる試験となっていますので、家族みんなで認定ダイバーデビューを狙うことも可能、みんなで海の世界を楽しむことができます。
初心者から上級者までおすすめとなっているライセンス取得、大事なことはしっかり指導して貰った上での安心安全の中での取得が可能です。

・ライセンス取得までの流れとは?難易度は?

ライセンス取得は短期間で行うことができるので、非常に簡単なように感じます。
しかし海の中というのは陸上ではあり得ないことが沢山あるもの、危険を伴うこともありますので、正しい知識が必要です。
そんなライセンス取得にあたり過程はどのように進んでいくのか?ライセンス取得のための行程についてご紹介いたします。

ライセンス取得にあたり必要なのが筆記試験と海洋実習、これらはいずれもショップやスクールで行われるものとなっており、最短の場合一日半程度でCライセンスでも一番易しい、オープンウォーターライセンスなら取得可能となっています。
オープンウォーターライセンスの場合でも基本的な知識は勿論必要、そのためにも事前学習は必須となっています。
ダイビングの基本的な知識を入れるためにもスクールへの申し込みがおすすめです。申し込み段階で教材を送付してくれるショップがあるので、そこを頼るとよりスムーズに学習が可能となっています。

取得の予約の日程まで事前学習をこなし、試験日に行われる筆記試験にそなえておくのが大事となっています。
筆記試験についてはショップやスクールで行われていますのでそこで受けることになります。
もしもの場合の為にも補習や追試も行っているところを選ぶのが大事です。
家庭学習では少々難しかった部分もこれらで解決しやすくなりますし、サポートとしても心強いです。

そしてこれら筆記試験が終わればいよいよ海洋実習、数人でボートに乗って、あるいはビーチから歩いて海に入るパターンがありますが、それは実習を受けるショップによります。
この海洋実習を約2日間受けてライセンス取得が漸く可能になります。
超短期間コースの場合だと1日半で取得が可能なので、旅行のついでに取得!というのも十分に狙えますので、沖縄旅行などダイビングスポットが豊富な場所に行くときに是非おすすめしたいものとなっています。
こうして取得することで海のレジャーがより幅ひろくなります。
そのためまずはオープンウォーターライセンスだけでも取得する、という方は非常に増えています。

・ライセンス取得でできることは?

ライセンス取得しなくても体験ダイビングで楽しめるのでは?と考えている場合、少々注意が必要です。
というのもそもそも体験ダイビングコースを用意していないところもあり、必ずあるサービスとは限らないのです。
そのためいざダイビングをするためにショップに連絡しても、ライセンスを持っていないからという理由でダイビングを楽しめない場合もあります。

またダイビングツアーに参加する場合は尚更のこと、ライセンス取得が重要になります。
海の魅力にひきこまれてダイビングをより積極的にしていきたい!と感じた場合はライセンス取得を強くおすすめしたいのはこのためで、ライセンスを取得することにより深度はランクにもよりますが、海をより自由に散策出来るようになります。
そのためツアーにも参加しやすくなり、またツアーで組まれているダイビングスポットはいずれも魅力的なもの、その海でしか見られない光景もあるので見逃せないものとなっています。

また体験ダイビングでは潜れないところまでいけるのもライセンス取得のメリット、5mの深さはまだまだ表面だけだった……と感じるくらいに海は深く広いのを感じられます。
そんな海中の世界をより自由度高く楽しめるというのがライセンス取得のメリット!メジャーなライセンスは勿論ですがプロを目指すためのライセンス、救助に特化したライセンスなどさまざまな種類もあります。
海を散策するために、いずれプロを目指したい……さまざまな理由でライセンスは取得されています。

自分にあったライセンスを取得して広く青い海を楽しむのをおすすめいたします。
スクールやショップでもコースを分けて、幅ひろいニーズに応えられるように指導を行っているところが増えてますので、初心者から上級者まで幅ひろくサポートを行っています。